葬儀費用の平均額について
お通夜や告別式などを行った場合一体どれくらいの額が必要なのでしょうか。 素材
葬儀費用の負担者
葬式主宰者になる喪主は誰が行いどれくらいの負担があるのでしょうか。 素材
相続税について
個人の財産や遺産などの相続の問題は早いうちに話し合っておく必要があります。 素材
相続税の葬儀費用控除について
相続税の計算で控除されるものを把握しておきましょう。 素材
お布施の額について
お布施は一体どれくらいが普通で失礼がないのでしょうか。 素材
保険加入者の葬儀費用補助
社会保険や国民健康保険加入者の死亡に対する制度。 素材
葬儀費用がない場合
金額や経済的理由でお葬式が出来ない場合はどうしたらいいのか。 素材

葬儀費用の平均はどれくらいなのか


一般的には約200万と言われている

お通夜や告別式にはどこに支払いが必要で一体合計するとトータルでどれくらいの金額がかかるのでしょうか。 一般的にお布施はどれくらい渡すのがいいのか、など葬儀費用は実は詳細までをしっかりと知らない人が多い。 当然の事ですが結婚式と違うのは準備の期間などはあるはずもなく、突然その時が生きていれば誰にでも訪れることと言える。 実際に家族間や兄弟間などで話し合いが行われていないと、支払いの事で結果的に激しく揉めることもあります。 また、喪主を誰が努めるかなどの押し付け合いや、相続税でのお金の良くない争いが起こる事も日本全国で見てもアンケートやデータ的にも少なくない。 総括すると予め準備をしておくと言うと周りからは誤解され下手をすると見方によって不謹慎に聞こえるかもしれないが、故人を温かく送ってあげるためにももしもの時の話し合いをしておくことや準備はけして家族の考え方としては悪いことではない。

葬儀は盛大に行わなくてはいけないものではない

最近は家族葬や密葬も多い

失業手当は離職の仕方によって、給付制限期間を設けられます。 故人の遺志や遺言状などにもよるが、葬儀はお金を払って盛大にすればいいものでもない。 特に最近は、家族だけで行う家族葬や密葬も多く、費用をなるべく抑えて行う場合も多い。 もちろん、故人の長年の付き合いや地位、社会的な関係性も含めてどれくらいの葬儀を行うかを当惑しないために考えなくてはいけない。 また、お通夜と告別式だけでなく初七日や四十九日、三回忌などの法事にも少なからず確実に費用が掛る。 その他にも、お布施や墓石に仏壇なども数点ある事を忘れてはいけないだろう。

葬儀費用は一般的には香典で賄う場合が多い

足りない場合は故人の財産などから支払う事が多い

葬儀費用は一般的に全てをまとめて、余裕を持って200万くらいと考えておくと安心します。 その内訳として一式が約120万、飲食代や接待費などが50万くらい、他にお布施や寺院の使用料などで50万くらいが平均的な相場である。 飲食接待費の中には、通夜ぶるまいや精進落しなども含みます。 これによって引き出物などや香典返しを考えている人はもう少し金額がかかる。 引き出物は一般的に、精進落としが出来ない場合などに粗供養品(お酒やお茶、砂糖やビール券なども)を手渡すことです。 また、香典返しは半返しと普通は言われているが、現状での一般的なスケジュール的には四十九日の法要が終わってからになる。

葬儀費用を抑えたい場合

予め予算を業者に伝えることが大切です

最近ではしっかりとプランをわかりやすく伝えてくれる葬儀屋さんが多いですが、以前は詳細はわからないまま費用だけしっかりとられてしまう事が多くあった。 葬儀費用は飾り物や花などを少なくする事や、霊柩車や火葬の費用などのランクを下げる事で抑えることができる。 しかし、業者は故人を盛大に見送ってあげることを巧みな言葉で上手に懐に入りおススメしてくる。 断り切れずに、思っていたより費用が掛ってしまったという意見は今でも多いが、故人が本当に望む式をするべきで盛大に行う事だけが全てではない。 予算がどうしても出せない場合などでは、東京都内では区民葬、その他市民葬などもある。 故人が保険に加入していた場合は埋葬金や補助金がでる(各地方自治体によって価格は異なる)ので、万が一困った時は躊躇せず窓口でまず相談してみては。

このページの先頭へ